地肌に優しい白髪染め

今までは安い白髪染めを買って使用してもそれほど地肌や髪にダメージを受けることは少なかったのですが
今年に入ってから年齢的なものもあるのか、市販の白髪染めは地肌がピリピリしたり、痒くなったりするようになりました。
また、抜け毛も多くなり頭皮全体の髪の量が薄くなった気がしています。
不安になり色々調べたところ、白髪染めの成分は頭皮や髪に与えるダメージが大きい成分が入っているとのこと。
若い頃は多少のことでは動じなかった頭皮もやはり老化には勝てないということなんですね。
40代での薄毛はかなりショックですが、だからといって白髪のままでもいたくないので
頭皮に優しい白髪染めを探してみました。
最近ネットやチラシでよく見かけるのが徐々に染まるカラートリートメント。
即効性はないのですが、使い続けるうちに徐々に白髪が染まっていくというもの。
髪を傷める白髪染めが、トリートメント効果で白髪も染まる上に髪もしっとりなめらかになるというのですから
うれしいですよね。
実際に使ってみたところ、3回目あたりからしっかり染まってきました。
毎回全体を染めるのではなく、白髪の箇所だけに使えますし、入浴時にシャンプー後に使えるタイプもあったりするので
面倒な思いをすることなく手軽にできるので便利です。

白髪染めランキング

白髪染めを自分で行なう際の注意について

近頃では、美魔女と呼ばれる女性が増えているようです。

美魔女とは、年齢がいくつか分からないぐらい、綺麗で若々しい人のことを言い、孫がいるような女性でも、美魔女は沢山いるようです。

外見だけ見れば、30代に見えるような人も少なくありません。

雑誌などにも美魔女が取り上げられ、若さを保つエイジングケアの方法を紹介したりしています。

美魔女が美しさを保つには、きちんと毎日の肌の手入れをしていることも多く、髪も白髪が目立たないように、染めている人がほとんどです。

けれど、白髪が多すぎる人の場合には、染めてもすぐに白い毛が出てくることもあります。

そのような場合、何回も美容室に行くと、費用や時間も掛かってしまいますので、自分で染めている人もいます。

自分で行なうならば、市販の白髪染めを使用すれば、長くて一ヶ月ほどは白髪が目立ちにくくなります。

でも、自分で白髪を染めると、すぐに白髪が出てくることもあります。

どうしても白髪が目立ってしまう場合には、カラーリングを長持ちさせる方法で染めるのはいかがでしょうか。

例を挙げれば、白髪染めを塗ったら、ラップを頭に巻き、一時間ほど放置するのも、ラップで密閉しますので、髪に色がしっかりと染まります。

他にも、シャワーキャップなどを利用すれば、ラップよりも手軽に白髪染めを定着させることが可能です。

染めている間の放置時間も、箱に書かれている時間を厳守しないと髪が白髪になりやすくなります。

また、髪を染める際には、そのまますぐに始めてしまうことが多いようですが、事前に髪を洗っておけば、余分な頭皮や脂質なども落とせますので、色も染まりやすくなります。

白髪染めは、泡で出てくるタイプのものを使用すれば、髪に満遍なく塗ることが出来ますので、あまり髪を染めるのが得意ではないと言う人にもぴったりです。

また、髪を染める前にリンスを髪に塗っておけば、髪のダメージも少なくなり、艶のある仕上がりになります。

市販の白髪染めを使用した後は、色落ちの原因となりますので、カラーリング専用のシャンプーなどで髪を洗うようにしたり、紫外線に極力当たらないようにしましょう。

白髪染めが頭皮に染みると言う人には、マニキュアタイプのものも販売されていますので、利用してみてはいかがでしょうか。