地肌に優しい白髪染め

今までは安い白髪染めを買って使用してもそれほど地肌や髪にダメージを受けることは少なかったのですが
今年に入ってから年齢的なものもあるのか、市販の白髪染めは地肌がピリピリしたり、痒くなったりするようになりました。
また、抜け毛も多くなり頭皮全体の髪の量が薄くなった気がしています。
不安になり色々調べたところ、白髪染めの成分は頭皮や髪に与えるダメージが大きい成分が入っているとのこと。
若い頃は多少のことでは動じなかった頭皮もやはり老化には勝てないということなんですね。
40代での薄毛はかなりショックですが、だからといって白髪のままでもいたくないので
頭皮に優しい白髪染めを探してみました。
最近ネットやチラシでよく見かけるのが徐々に染まるカラートリートメント。
即効性はないのですが、使い続けるうちに徐々に白髪が染まっていくというもの。
髪を傷める白髪染めが、トリートメント効果で白髪も染まる上に髪もしっとりなめらかになるというのですから
うれしいですよね。
実際に使ってみたところ、3回目あたりからしっかり染まってきました。
毎回全体を染めるのではなく、白髪の箇所だけに使えますし、入浴時にシャンプー後に使えるタイプもあったりするので
面倒な思いをすることなく手軽にできるので便利です。

白髪染めランキング

白髪染めの選び方について

白髪染めは、明るい色だとしっかり染まる感じがしないので暗い色を選ぶ方が多いようですが、自分にあった色を選ぶのがポイントです。今の白髪染めは、明るい色でも驚くほどしっかり、簡単に染まってくれるのでどなたでも簡単に素敵な色の髪になることができます。

白 髪染めの色が合っていないと、老けすぎて見えてしまったり、全然似合ってなくて違和感しかないようになってしまいます。ですので、様々な色を試してみて自 分に合った色を選ぶことをおすすめしたいです。今はプチブライスでしっかりと染まるものが手軽に手に入るので、自分に似合う色が見つかるまで何度でも試す ことができます。
しっかりと染めるコツは、髪の毛の長い人は特にですが、ちょっと多めに液を使い、他の人に見てもらいながら髪全体につけることです。

一番いいのは、最初染めるときは美容院で自分に似合う色に染めて、髪の毛が生えて白髪が目立ちだしたらそこから市販の白髪染めを使うことです。毛の根元にしか白髪染めを使わずにすむので、こうするのが一番節約になるそうです。

白髪染めを使うと髪が痛むのではと思う方も多いですが、今は髪の毛にいい成分を使っているものも多いですので、昔ほど心配する必要はなくなりました。ですので気軽に使うことができます。